金融事故でブラックになっても住所変更したら分からないでしょ

金融事故でブラックになっても住所変更したら分からないでしょ

以前に金融事故でブラックになってしまったけれど、今度引っ越すので住所が変わったらまたカード申し込もうかと思ってるの。住所が違ったら大丈夫よね。

世の中そんなに甘くない、金融事故の履歴は住所変更しても同じです

どんな事でブラック履歴になってしまったのかわかりませんが、金融事故の履歴は住所を変更したからと言って消える訳ではありませんよ。クレジットカードにしてもカードローンにしても自分の信用を担保にしてお金をかりたと言う事なのです。ブラック履歴に載ると言うのはその借りたお金を何らかの原因で踏み倒し、自分の信用を損ねたと言う事なのです。これはかなり大きな問題です。

そんな状態で住所を変わったからまたカードを申し込むなど、ありえない事です。内容にもよりますが、金融事故の履歴が消えるのには自己破産は10年、その他任意整理や3か月以上の延滞などは5年の年月を要します。そしてたとえ履歴が消えても、あなた自身の信用はなかなか回復できるものではないのです。信用と言うのは少しずつ積み上げて行くものなのですよ。

住所を変更して解らなければもうけものと言うあなたの考えそのものがまさに信用するに値しません。金融会社の審査部門の目は節穴ではありませんよ、そういった安易な考えを捨てて、お金を借りると言う事に真摯に向き合うつもりがなければ、万が一またカードを作る事が出来たとしても、それが破綻するのは時間の問題です。そう言う考えは今すぐ改めて、もし延滞分をまだ返済していない状態なら即返済するようにしましょう。その他の金融事故であればその事を反省し、自分の信用を取り戻す努力をしながら年月が過ぎるのを待って下さい。履歴が消えてからカードを作るようにし、カードが作れた場合は二度と途中で信用情報を傷つける事のないように計画的な使用ときちんと返済期日を守るようにして下さいね。

限度枠を増やすのには信用実績が大切です

住所変更すればブラックでもキャッシングができるか

住所変更をしたとしても、一度ブラックになるとたいていは借りることができないと考えておきましょう。もちろんですが、住所が違えば同一人物ではありませんから、100%とは言いません。しかし、住所を変更したところで氏名と生年月日は一致しています。転職していなければ勤務先名も一致するでしょう。ですから、同一人物として見なされることになるのです。

キャッシングの申し込みをするときには、たいていは運転免許証を本人確認書類として提出する事になりますが、住所変更をしていてもこれらの書類で同一自分津田と言うことが知られてしまいます。このような事から、まずばれないと言うことはないと考えておきましょう。

金融機関側としても、ブラックになった人に貸し付けを行うと、それによって損失を発生させるリスクが大きくなるのですから、安易には行いません。住所変更くらいでは無理だと考えておきましょう。金融機関が怪しいと感じたときには色々な書類の提出が求められます。

例えば、登記簿謄本を取ることを求められることもあります。そのほかにも色々な書類の提出が求められて、住所が変わっていても同一人物である事がわかるようになっているのです。金融機関は貸し付けのプロですから、簡単には隠すことができません。

ですから、ブラックになると再び借り入れをするのは難しいと考えておくのが良いです。ただ、永遠にブラックであるというわけではありません。滞納や踏み倒しをした金融機関から借りることは難しくなりますが、信用情報は永遠に残るわけではありません。期間については情報を扱っている機関によってことなりますし、情報の種類にもよって異なっていますが、5年から10年くらいです。

このように、信用情報には期限がありますから、その期限が過ぎれば新たに借り入れをすることができると考えられます。このようにして、待つというのがもっとも基本的な方法で、それ以外に色々なことをしても審査に通るとは考えにくいです。