総量規制でキャッシング出来ないなんて何とか回避できない?

総量規制でキャッシング出来ないなんて何とか回避できない?

今までは限度額もあったのに総量規制でキャッシング出来なくなってしまいました。総量規制を回避するにはどうすれば良いのですか。

総量規制対象外の銀行のローンに一本化するのも良いでしょう

総量規制施行の為、複数のカードを持っている場合はキャッシング枠が無くなってしまう事があります。この総量規制は銀行は対象外なので、複数のカードを銀行のおまとめローンなどで一本化すると良いでしょう。もちろんそれにも審査があるので希望に添えない場合もありますが、総量規制からの回避はできるので、まず最初に銀行の仮審査で一本化が可能かどうか確認した上で申込むのも良いですよ。

専業主婦やパート、アルバイトに従事している人は年収が少なく、総量規制対象の消費者金融では専業主婦は申し込み不可、今すでに持っているカードは使用できなくなります。パートアルバイトの人も年収にあわせての限度額となる為、今までの限度額が使用出来なくなる可能性が強いのです。その点銀行のカードローンは規制対象外なので、専業主婦も申し込み可能です。年収の少ない人も審査によって、年収の3分の1以上の限度額よりも多い設定も可能な場合もあるのです。

ただ銀行のカードローンも審査によっては融資不可能な場合もあるので、専業主婦以外のパートやアルバイトの人は収入証明書提示で、規制内の限度額での融資の見直しをしてもらうのも良いでしょう。窓口へ相談してみて下さい。今までの借入状況によっては新たな融資が受けられない可能性もありますが、遅延なく返済し、すでに完済している場合は限度枠が少なくなってもそのままカードを使用可能になる場合もありますよ。

キャッシングの総量規制を回避するためには

キャッシングは便利ですが、総量規制があるためにあまりたくさん借りることができないというデメリットがあります。もう少し借りたいと思っていても、年収の3分の1までしか借り入れをすることはできませんから、このデメリットは大きいと言えるでしょう。これを回避することはできるのでしょうか。実は、仕組みを知れば簡単にできます。

総量規制は貸金業法という法律に記載されている規制です。貸金業法とは、貸金業者を規制する法律だと言えるでしょう。ですから、全ての貸金業者はこの規制に従って貸し付けを行うことが必要となってくるのです。貸金業者である限りは、貸金業法を守らなければなりません。消費者金融や信販会社のキャッシングは貸金業者としてサービスを提供していますから、規制は守らなければなりません。

では、どうするのかというと、貸金業者ではないキャッシングを利用するのがもっとも良い方法です。貸金業者ではないものとしては銀行があります。銀行は貸金業者として登録をして営業しているわけではありませんから、規制を受けることはありません。銀行は銀行法という別の法律によって規制されていますから、貸金業法に定められている規制を守る必要はないと言えるでしょう。

銀行のキャッシングを利用すれば、総量規制の対象外ですから年収の3分の1までという決まりはありません。銀行が独自に定めている審査基準によって限度額が決まるのです。ですから、信用力があれば法律の規制とは関係なくたくさん借りることができると言えるでしょう。この点が消費者金融などの貸金業者とは異なる点です。

そうは言っても銀行は審査が厳しいのではないかと考える人もいると思いますが、これは銀行によって様々です。メガバンクと呼ばれるような古くからある大規模な銀行であれば少し厳しいという傾向はあります。しかし、全ての銀行がそうだとは限りません。例えば、インターネット上で主に営業している銀行の中には、かなり審査が緩いものもあります。